care your health

早期発見が大切

health care

乳がん検診を受ける際には注意点がいくつかあります

乳がん検診は、女性特有のがんである乳がんを早期発見するための大事な検診です。近年では自治体から乳がん検診の案内が届けられるようになりました。そのため、多くの女性が自治体の助成を受けて検診を受けることが出来るようになりました。この乳がん検診をスムーズに受けるためにもいくつかの注意点を知っておくことがお勧めです。 乳がん検診では、超音波による検査とマンモグラフィーによる検査があります。両方の検査に関しても妊娠の疑いがある、授乳中である、ペースメーカーをつけている等ありましたら、前もって医師に伝えて下さい。超音波の検査の際には、授乳中であればその旨を伝えて下さい。さらにマンモグラフィーを受ける際には、制汗剤やパウダーなどが肌に残っていない状態にして下さい。がんの疑いとなる石灰と間違われやすく、正しい診断が出来なくなります。

検査の際には医師に気になる事など遠慮なく質問して下さい

乳がん検診を定期的に受けている方が知っておくと良いのは、前回の検診の結果です。何もなければ良いのですが、前回に何か疑いがあったという診断が出ていたのであれば、今回の検診の際に医師にその旨を伝えて下さい。そうすることで、検査する医師も入念にチェックし、前回との比較を行います。さらにどんな小さな事でも、気になる事があれば遠慮なく医師に伝えて下さい。乳がんを恐れ、気になっていた事を黙っている方もいらっしゃいますが、安心を得るためにもどんどん質問することです。 乳がんは早期発見で完治することが出来る病気です。そのため、定期的に乳がん検診を受け、自分の体の状態を知っておくことが大事です。万が一乳がんが発見されたとしても、早期であれば適切な治療を受ける事が出来ます。是非怖がらずに乳がん検診を受ける事をお勧めします。