care your health

検査の方法

health care

乳がん検診を受ける方が増えていくと予想されます

昨今では様々な所で乳がん検診の必要性が叫ばれています。健康番組を始めとして美容雑誌や新聞広告などでも頻繁に取り上げられており、社会の認知度も徐々に高まってきているのです。このような状況の背景には、日本人女性の乳がん罹患率が増えていることや検診率の低さがあります。他の先進国に比べても日本の乳がん検診率は低い数字に留まり、医療分野でも解決に力を入れ始めているのです。乳がんは比較的若い女性でも発生する可能性のあるがんです。早期に発見出来れば、5年生存率はほぼ90パーセント近いとされています。こうしたことから、極力早い段階で乳がんを発見していこうという機運が高まっているのです。最近では化粧品のパッケージなどでも乳がん検診が啓発されており、今後は検診を受ける方が日本でも増えていくと予想されるのです。

年齢によって適した検診法があるのです

乳がん検診は、通常乳腺外科や外科などで行なわれます。自治体などでも最近はこうした検診を行なっており、より身近な所でも検診を受けることが可能です。検査では主にマンモグラフィと呼ばれる装置が使用され、胸部分の状態を詳しく診断します。このマンモグラフィには、かなり小さな病変まで発見出来るという利点がありますが、受診者の年齢によっては正確な診断がしにくいこともあるのです。例えば30代の女性の場合には、乳腺組織が密なためこのマンモグラフィでは病変が目立ちにくいという問題があります。そのため、この年代の女性の場合には、エコー検査がより適した検査方法となるのです。ですので、例えば自分で検査項目を選ぶ場合には、このような点も考慮しておく必要があります。